他と違うインプラント

健康な歯をインプラントで

トップ / 健康な歯をインプラントで

インプラントとブリッジの違い

インプラントは何らかの理由で歯が抜けてしまった部分に人工歯根を埋め込んで、その上に人工の歯をかぶせる治療法です。歯が抜けたときの治療法にはブリッジがあります。ブリッジの場合には失った歯の両隣の健康な歯を最低1本ずつ削らなくてはいけません。それは歯に大きな負担がかかり、いずれはその歯を失ってしまう原因になってしまうことがありますが、インプラントは抜けた歯の部分を単独で治療することができるので周囲の歯に負担をかけることがありません。

インプラント治療のメリット

インプラントは歯を失ってしまった場合に人工のもので歯の土台をつくって本物の歯と同じような強度をもった歯をつくる治療方法です。入れ歯とは違い本物の歯に近い感覚でものを噛めるので現在の治療としては一番いい治療方法といえます。以前は骨に問題があるとインプラントの埋め込みが出来ないで、諦める必要がありましたが顎の骨を増やす治療方法が確立されて治療が行えるようになっています。仮に1本しかなくても歯をつくることは可能です。メンテナンスは本物の歯と一緒できちんとブラッシングする必要があります。

インプラント治療情報