インプラントの種類

インプラントのメーカー

トップ / インプラントのメーカー

インプラントで使うもの

なくなってしまった歯の部位に人口歯をいれてる治療、インプラントですが、その種類は100種類以上といわれています。形状も硬さも費用もそれぞれ異なり個人に合わせて作れますので、必ず自分に合ったものを選べます。部位には四つのタイプがあります。一つはスクリュータイプでネジのような形をしており、一番使われています。似たような感じなのがシリンダータイプで、ネジのような螺旋がないため比較的簡単にインプラント出来ます。スクリュータイプに似ているのにバスケットタイプがあり、強度があまり強くないので近年ではあまり使われてはいない物です。最後の一つはブレードタイプでこちらも破損が激しいのであまり使われていない物です。一番使われているのはスクリュータイプになります。

技術不足

インプラントには種類があります

インプラントには、様々な種類が存在します。製造しているメーカー(海外・日本)や使用している素材・形状の種類やシステムなど、其の数は100以上と言われています。治療内容や個人の体質、受診する専門医によって、治療に使用できるインプラントが変わってきますので、注意が必要です。けれど、素人が個人でその違いを把握するのは無理があります。金属アレルギーなど、体質に問題がある方は、必ず最初のカウンセリングで申し出るようにして下さい。また、海外製・日本製などにこだわりのある方は、事前に希望を伝えておくほうがよいでしょう。

インプラント治療情報