インプラントの歯とは

インプラントの仕組み

トップ / インプラントの仕組み

インプラントは自然な歯

失った歯を治療する方法として、インプラントという方法を摂ることができます。一般的には保険が適用外のために、価格は少し高めになってしまいますが、失った歯を治療する方法として、とても有効的な手段です。ボルトを歯根の代わりとして、顎の骨に直接埋め込み、歯の土台として、その上から、歯となるものを被せる方法で、健康な歯を削らない、取れたりしない、今までの歯と色調が同じなので自分の歯と見た目が変わらないなどの多くのメリットがあります。インプラントは失った歯の代わりとなる第二の歯とも言われています。

インプラントを入れて快適生活を

事故など様々な事情で歯を失う事はありますが、昨今の歯科技術は発展していますので、インプラント治療を施すことによって、普段の生活に戻る事も可能です。特に人との関わりの中で、口元を注目させるという事はよくありますので、口の中の状況が変わって治療が不可能になってしまう前に、歯科医院で相談するといいです。インプラント治療を行なえば、自分の歯と同じようにかたいものを咀嚼することもできます。話すときも発音しやすく、ずれたり外れることもないです。スポーツをすることもできますので、健康的な生活を試みることもできます。

インプラント治療情報