インプラントの手入れ

インプラントのケアとは

トップ / インプラントのケアとは

インプラントの寿命について

インプラントとは、医学用語で「埋める」ことを意味します。歯に関するそれの場合は、口の中の骨にチタンによる人工の歯根を作り出し、土台をしっかりと固定した上に新しい人工歯を設置します。失われてしまった歯の部分を根っこから回復させ、本物の歯があるのに近い状態にすることができるのです。このインプラントは第二の永久歯とも呼ばれており、その寿命は非常に長く時には半永久的であるとされます。ただし、日常生活の中で食生活などに気を付け、口腔内のアフターケアをきちんとして衛生的・健康的な状態を保つことが前提と言えます。

技術不足

インプラントを長持ちさせる

インプラントの寿命は、治療を行う医師の技術と治療後の患者のケアの仕方によって大きく異なります。治療を行った医師の技術が高くない場合や患者が治療が終了してからのケアを怠った時は、寿命は長くないです。逆の場合は長く持ち、健康的な歯を維持した状態で長期間にわたって社会生活を営む事が出来ます。長く持たせるためには、技術が高いだけではなく、治療経験が豊富な医療機関を選択し、ケアを受ける事です。また、治療が就職後のケアを主体的に行う事です。医療機関から定期的なインプラントのケアを治療後も行うように言われているにも関わらず、無視した場合は長く持たないです。

インプラント治療情報